海外出張のコツと便利旅行グッズ!基本の基本編

この10年ほどコンスタントに海外出張続けているなかで、さまざまな失敗もしつつ現時点定番となっているルーティンと、厳選した便利グッズをまとめていきます。

これまで行った海外

絶対忘れないもの

当たり前ですが、当たり前すぎて忘れることも多いです。個人旅行では笑って済ませられても仕事ではシャレにならなくなるので、あらためてまとめます。

  • パスポート
  • Eチケット控え(プリントアウトしたもの)
  • ホテル予約画面のコピー(プリントアウトしたもの)
  • ※必要な場合、ビザ、ESTA等の控え(プリントアウトしたもの)
  • クレジットカード2種
  • 仕事道具(当方であればスマホ、パソコン、タブレット、名刺、ポケットWiFi)

パスポート

れがないとどうしようもないのは言うまでもありません。コピーを取っておくのもありですが、持参するバッグは別々にしましょう。私は認証ロックがかかるスマホのアプリに画像として保存して万一のときのバックアップにしています。

Eチケット/ホテル予約/ビザESTA等のプリントアウト

どれだけ電子化すすんでも、物理的な紙をバックアップとして持参が必須です。スマホの電池切れ、電波不良、そもそも故障など、スマホに限らず通電デバイスは不具合あって当たり前ですし、落として壊す盗まれるなど不慮の事故もあり得ます。また入国審査やタクシー等で、”紙を見せれば済む”というときも多いです。常にパスポートとセットにしておくのがお勧め。

私は、ESTAはパスポート同様アプリ保存で済ませていますが、Eチケット、ホテル、ビザは必ずプリントアウトして持参しています。

クレジットカード

これも海外では必須です。無いとホテルに泊まれません。ATMキャッシングに対応したカードであれば、現地通貨もクレジットのキャッシングで入手可能ですので、通貨も持参不要です。そして、「2枚2種」持参必須です。理由は2つで、支払い先が対応していないこと考慮して、VISA、マスター、JCB、アメックス等、クレジット会社を分散させておくこと。経験則的にはVISAとマスターで大丈夫だと思います。JCBは以前使えないことが多かったので、いまはもう持参しておらず分かりません。もう1つの理由は読み取り不良対策です。これもちょくちょくあります。

ANA SFC JAL  JGC ダイヤモンド

できれば、1枚はゴールドカードだとより良いです。カードラウンジ利用等、なにかとアドバンテージあるときあるので。そしてマイル継続して貯められそうなら、その系列のカードが良いのは言うまでもありません。当方は、ANAカードをVISAのゴールドで、JALカードをマスターの一般で、の2枚持ちを基本にしています。(その2枚にしているのは、万一、出先で急な日程変更の場合にスターアライアンスとワンワールドどちらの路線でも対応できるようにするためでもあります)

仕事道具

出張ですから、仕事道具はいうまでもなく。業種によって特色あると思うのですが、一般的な例でいうと当方同様スマホ、パソコンあたりかと。ポケットWiFiですが、個人旅行であれば現地SIMカードのほうがいいかもしれませんが、業務携帯では番号変更するわけにもいかず、かつパソコンやタブレットも含めて利便性とコスト考えるとポケットWifi一択です。出張でもポケットWIFIのお勧めはこちらで書いています。

海外出張海外wifiレンタル!海外出張で選ぶならここがお勧め

 

お勧め便利グッズ <トラベルオーガナイザー>

上記、持参必須である、パスポート、Eチケットとホテル予約のプリントアウト、クレジットカードをひとまとめに出来るもの。極論、これがそろっていれば大抵の海外は行って帰ってくることだけはできますから、常にひとまとめにすることを習慣付けているとミスを減らせます。


※当方、モノマニアでもあるので、いろいろ買って使ってきてみてます※

ただのパスポートカバーや、スキミング対応した肌身に着けるタイプのパスポートケースはお勧めしません。入国審査、税関、飛行機搭乗前、免税品、チェックイン、なにかのチケット買うとき、**なお店、などなど、意外なほどパスポートの提示が必要なときが多いです。いちいちカバー着脱したり、シャツ捲って取り出したり、やってられません。確かに海外ではスリも多いので肌身タイプは防犯としては有効ではあると思いますが、使う時と場所を選びましょう。私も持ってはいますが、出張のときには持参したことありません。

さらに、パスポートと同様サイズのオーガナイザーもお勧めしません。チケットやプリントを一緒にしておきたいので。必然縦長のものになります。

パスポート、プリント、カードの最小限まとめられて、シンプルかつファッショナブルなものでお勧めはこちら。

created by Rinker
イデアインターナショナル
¥1,242 (2018/11/20 16:49:18時点 Amazon調べ-詳細)

”アリフ”は色が選べておしゃれです。意外とユニセックスなので、若い方なら男性でも大丈夫。私も使っていました(今は娘が使っています)。同じデザインとカラーでいろいろ旅行グッズ出ているので、おそろいでそろえるとさらにスタイリッシュでしょう。値段も安いです。

”全部入り”できて、いつでも使える一番のお勧めはこちら。

これだとさらに、ボールペン、スマホ、現金、(型によるが)ポケットWIFI、名刺までいけるでしょう。まさに、仕事道具と着替えを除けば、これだけ忘れなければいい、という必須オーガナイザーになります。デザインシンプルなので仕事の場でも浮きません。出張であれば現地で会食という場合もあるでしょうが、これ1つ持参すればこと足ります。ポーターですから、それなり高級感もありますのでレストランでも大丈夫。

仕事でもプライベートでも、男性でも女性でも、老いも若きも使える万能オーガナイザーです。(逆に”個性はない”ので、そういう主張をされたい方には向きません。)

値段高い? いえいえ、なかなか壊れるものじゃないですから、安物をなんども買うより絶対いいです。少なくとも”出張には”100均グッズでいくのはやめましょう。かといって、あまりに高級ブランド品はかえって仕事の場にふさわしくないときもあります。ポーターくらいの”品”がちょうど良いんです。日本からきた、会社の代表ですから。日本製の良いものもっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です